「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

【お知らせ】サイト移転につきまして

DM:Akashic Recordの変種ルールグループとして活動していた当サイトですが、この度DM:Variant Rule(バリアントルール)として移転しました。

DMEDHのルールページなど、リンクを貼ってくださっていた方はお手数ですがURLの更新をお願いします。
まだ移転が完了していないページもありますが、順次対応していく予定です。

これまでの多大なるご支援を深く感謝申し上げるとともに、これからも引き続きよろしくお願いいたします。

【謝辞】DMEDH生誕10周年につきまして

本日2021年11月6日で、DMEDHが初めてプレイされてからちょうど10年が経ちました。

今日から10年前の2011年11月6日、静岡県浜松市のプレイヤーたちによってプレイされたことからこのゲームの歴史は始まりました。

統率者、デッキ60枚、シールド7枚の4人対戦といった基本的なルールは当時から変わっておらず、浜松市のショップコミュニティで盛んに遊ばれていました。

それから数か月後、浜松のプレイヤーで、愛知でもプレイしていたとあるプレイヤーが、愛知県名古屋市のとあるショップコミュニティでこのゲームを持ち込みました。

その名古屋のコミュニティで統率ドローの追加、多人数戦ルールの整備といったアレンジされたルールが、DMEDHとして現在まで続いています。

当初はショップコミュニティでのみ遊ばれるローカルルールでしたが、ブログにルールを載せて記事を書いていくうちに人伝いで各地に広まり、CS後のフリー対戦などで地域の垣根を越えて遊ばれるようになりました。

コミュニティのメンバーからも、「全国のプレイヤーとDMEDHで遊びたい」という声が上がり、ゲームは閉じたコミュニティに向けたものから、未知の開けた外側へ向けたものとなっていきました。

DM静岡CSや、DM:Akashic Recordに声をかけていただき、素晴らしい仲間と切磋できたことも、これに大きく買うことになりました。

そして、静岡CSのサイドイベントを経て、DMGPでユーザ出展という形で全国的な対戦会を行うことができました。

私1人や、我々数人だけではここまで歩くことはできませんでした。10年も続くことなく、自然に消滅していたことでしょう。

今やショップも無く、コミュニティのメンバーも仕事で忙しかったり、自粛期間中に新しい趣味を拓いたりしてテストプレイすらままならず、楽しかった頃を思い返す日々です。

浜松から名古屋がそうだったように、誰かが引き継いで続いていく、なんてことがあるのかもしれません。

それでも、そうだったとしても、今日だけはこの記念すべき日を祝い、お世話になった方々への謝辞を述べたいのです。

これまで多大な支援をしてくださったコミュニティの皆さん、各地でDMEDHを遊んでくださり、時には応援してくださったプレイヤーの皆さま、多くの助言をくださった有識者の方々、
関わってくださった全ての皆さまに感謝申し上げます。

本当に、ありがとうございました。
皆さまのおかげで、10年頑張ることができました。

2021年11月6日

melkiss063

【お知らせ】DMEDHのルール解説動画と対戦動画を公開しました

メルキスです。
DMEDHのルール解説動画と対戦動画を1本ずつ作ったので、宣伝させてください。
YouTube版とニコニコ動画版の内容は同じです。

■YouTube版

ルール解説動画

対戦動画

■ニコニコ動画版

ルール解説動画

対戦動画

ルール解説動画は統率者や多人数戦などの特有のルールを解説します。
これからルールを知りたいという方にお勧めするのは勿論、既に知っている方にも飽きないように背景ストーリーなどの小ネタを詰め込んでいます。

対戦動画はカメラワークを3D視点を使った独特な臨場感のあるものにしています。
他TCGの対戦動画を含めてなかなか見られない珍しい構図と編集方法なんじゃないかと思います(大変だった)。

コロナ禍で対戦会などのイベントが開けない状況下に置いて、DMEDHとその面白さを色んな方に知っていただくための方法として、本動画を製作いたしました。
動画を製作するにあたり、ルールの見直しを去年から行って、今年の4月にルール改訂しましたので、足掛け2年でようやく漕ぎつけた感じです。

どちらの動画も結構作るのが大変だったので、見てくださると嬉しいです。

また、もし動画を気に入っていただけたら、感想をtwitterなどで言ってもらったり、動画にコメントや高評価、チャンネル登録などをしてくださるととても嬉しいです。

今後引き続き動画制作を行うか、他のアプローチにするのか、また動画を作るにしても編集方法(今回の3D視点対戦か、従来通りの俯瞰視点か)や動画ジャンル(デッキ解説やカードレビューとかもやる?)もこれでいいのか、といったことを考える指標にもなりますので、評価を頂けると幸いです。

また、本動画を製作するのにあたってお借りした素材元様や、レビューに付き合ってくださった多くの方々、サムネイルの参考にさせていただいたチームウェイブ(の呪文)の皆さまにこの場を借りて深く御礼申し上げます。

以上、よろしくお願いします。

【DMEDH】コロナウィルス対応の継続と今後の変更の予定につきまして

メルキスです。
日頃は積極的なオンライン対戦及び、オフラインのゲームにおける3密の回避のご協力ありがとうございます。

コロナウィルスの感染拡大に伴うDMEDHのルールの更新停止から、今日でちょうど半年となります。

DMEDHの歴史においてもこれだけ長期にわたる休止期間は例がなく、1日でも早い収束を心から祈っています。

本日は、今後のDMEDHで予定している変更のイントロとなります。

目次
■休止再開の考え方と見通し
■再開後のルール変更の予定
■ガイドラインの先行公開

関連記事:【お知らせ】コロナウィルス感染拡大に伴う対応につきまして
【お知らせ】「DMEDHを楽しむためのガイドライン」公開

続きを読む 【DMEDH】コロナウィルス対応の継続と今後の変更の予定につきまして

【お知らせ】「DMEDHを楽しむためのガイドライン」公開

メルキスです。
今回は、DMEDHの抱える問題点の共有と、それを解決するための助けとなるガイドラインについて記述します。
DMEDHに限らずフリー対戦全般で起こるような内容なので、多くのプレイヤーに読んで欲しい記事となります。

目次
■ガイドラインの概要
■背景
■レベルの分け方
■注意事項
■最後に

関連記事:ゲームの面白さとは?相互作用と駆け引きによるDMEDHのデザイン

続きを読む 【お知らせ】「DMEDHを楽しむためのガイドライン」公開

【お知らせ】Kaijudo全カード日本語翻訳リスト公開

Kaijudo_Back

メルキスです。
「もうひとつの海外版」であるKaijudoことKaijudo: Rise of the Duel Masters TCGに存在する約1200枚の全カードの日本語翻訳版のリストを公開しました。
KaijudoのルールはDMとほぼ完全な互換性があるため、この翻訳リスト使用することでDMと混ぜて遊ぶことができます。
(但し、カードの厚みが違うので、事前に対戦相手の了解を得て使用することが前提となります)

関連記事:Kaijudo全カード翻訳リスト


目次
■エキスパンションリスト
■考え方
■種族
■キーワード能力

続きを読む 【お知らせ】Kaijudo全カード日本語翻訳リスト公開

【お知らせ】コロナウィルス感染拡大に伴う対応につきまして

昨日twitterでも発信しましたが、コロナウィルス感染拡大を受け、予定していたDMEDHのルール更新を延期します。

クラスター発生の3条件である「密集・密閉・密接」の「3密」を避けるにあたり、DMEDHというゲームは不利な面が多く、暫くは対面での対戦は勧められないという状況です。
そしてそれが明白な状態でルール更新を続けていれば、「そういうゲーム」を推進しているものと見なされかねず、リスクありと判断しています。

我々は自分たちがルール管理を進めているゲームによって、誰かや、誰かの家族の生命を脅かす結果になることを望んでいません。

ツイートにもありますが、プレイヤーの皆さんにおかれましてはskypeやdiscordなどのオンライン対戦を強く推奨します。
参考になりそうな記事のリンクやツイートを貼っておきますので、ご活用ください。

vaultでDMEDHをプレイしてみよう!

更新の再開時期は未定ですが、終息、終息の見込み、またはDMEDHの対戦が完全にオンラインに移行した確証がもし得られれば検討します。
この災害が最小の犠牲で終息することを祈ります。

以上、よろしくお願いします。